スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法が使える戦士は嫌いですか?

“バンギを見せ合い時に牽制でき、さらにギャラを呼び、そして返り討ちにできるようなポケモン”というのが今回のテーマ。

タイプ的に考えると
格闘 鋼 地面 虫 水
のどれかで作りたい。

虫タイプに関してはバンギを流すのも難しそうなので、狙い目は格闘・鋼あたり。
鋼に関しては4世代時に作ったギャラ殺しハッサムを持っているので今回は格闘タイプで考えていこう。


さて、今回の目玉となるのがめざ電の活用。
そこで両刀できるレベルの種族値が欲しいわけです。

両刀の格闘ポケといえば代表的なものでは
ゴウカザル
バシャーモ
ルカリオ
エンブオー
オコリザル

あたりが思い浮かぶ。

今回の仮想敵のひとつギャラドスの強みは威嚇による繰り出し安さ。
そこでめざ電をというわけだけど、

上のポケモンたちの場合で考えていこう。

猿:まあめざ電はありだけどめざ氷もったいない。エッジの方がいいかな
バシャ:技スぺ。猛火でやってもギャラより遅い分キツい。
ルカリオ:A1段階上昇の珠エッジで落とせる
エンブオー:S負けてるから対面時はキツい
オコリザル:雷TUEEEEE!! でもバレてたら×。


そう。わざわざこいつらでやる意味はそこまでないかなーって感じなんだよ。




そこで見つけましたよいいポケモン!



ドクロッグ


ドクロッグ 83 106 65 86 65 85

にわかな自分はこいつのC86知りませんでした^^
意表を突くという意味でもビルドレが流行ってる現環境にはまさにぴったり!



技構成から考えちゃいましょうか

確定技 めざ電/真空波/悪巧み

候補技 シャドボ/悪波(4世代技М)/こご風(4世代教え)/ヘドロウェーブ/ヘド爆/気合玉
    挑発/カウンター/身代わり


最初は悪巧みも候補にしてたけど、悪巧み抜いてまで入れる技なかったw
真空波は一応パルシェンも考えて。

こご風と悪波は惜しいけど4世代乱数めんどいのでとりあえず5世代で作ります。
となると、シャドボかヘドロ系か挑発か。

シャドボはブルンにだけど、どうせめざ電でも大差ないと思うので、
ガッサもおまけで見るためにヘドロウェーブでも使ってみますか。



次に性格・努力値(数字は相変わらず努力値です。実数値ではありません><)

まあ控え目か臆病かですね。
個体値は31-*-31-30-31-31(めざ電理想個体)で計算。

最近のギャラの様子を調べてみよう
Sは最速か最速バンギ抜き抜きが多そう。


めざ電の火力は
C無補正2段階上昇 C68→H252D4ギャラ確1  流石4倍w

耐久も計算
A特化ギャラ逆鱗→耐久無補正無振り  割合: 43.6%~51.8% 回数: 乱数2発 (12.5%) ヘドロあれば2耐えするね
 1段階上昇逆鱗→耐久無補正無振り  割合: 65.1%~77.2% 回数: 確定2発   ドクロッグかてえw


これを見ると最速ギャラまで気にする必要はないのかな?
とりあえず最速70抜きぬきにすると
S補正なし時 S244
    あり時 S148
これと後で出てくるヘドロウェーブのダメ計見ると控え目の方がCに余分に振れる分よさげ。  


真空波は
C特化2段階上昇→無振りバンギ(砂込) 割合: 89.1%~105.1% 回数: 乱数1発 (25%) バンギ固すぎワロチw基本確2だね
        →D特化ナットレイ   割合: 40.8%~49.7% 回数: 確定3発 まあこんなもんだよねー。波動弾欲しい^^;

ヘドロウェーブは
C補正あり   C120→H140D92ガッサ確1 
         C224→H140D172ガッサ確1
C補正なし   C216→H140D92ガッサ確1
         C248→H140D172ガッサ乱1(68.8%)
2段階上昇時ならD特化ルンパも確1


HPは16nに調整するために12振る。残りD。


最後に持ち物

襷はカウンター&悪巧みと相性がいいけど、バンギ相手に出すことを考えるとどうだろう。
ヘドロか半減の実か帯か。





完成品( ・´ー・`)

ドクロッグ@ヘドロ
控え目 H12 C224 D20 S252 (実数値 160-*-85-147-88-137)
悪巧み/ヘドロウェーブ/真空波/めざ電


結局Sはぶっぱ。
あえて同速ゲを捨てる必要はないっしょ。
Cには少し振りすぎかもしれないね。
まーガッサ恐怖症だよねーw
同じ構成でHDに厚く振っても面白いかもしれない。

では今回はこんな感じでノシ
スポンサーサイト

第5回MB杯参加しました

チームは
@みっしぇる
@くうかぃ
@さとるん
@クロル
@レーウィン
の5人(敬称略)でした!
みんなお疲れ様&参加ありがとう!

初戦からコミュリンク先のナギサさんと当たるなどいろいろありましたがw
結果は惜しくも3回戦敗退(ブロック決勝、全4ブロック)

一回戦:3-2
二回戦:3-2
三回戦:2-3
となかなか熱い展開でしたねw

次回のMB杯でリベンジしましょう!

自分は前回書いたPTが意外とよかったのか3連勝できました。
でもやっぱり武神は完全に見せポケだったw

PTがうまく回ってない…

イワパレス
ブルンゲル
トリトドン
ボスゴドラ
ボーマンダ
ローブシン


選出が多い順に書くとこんな感じ。

電気の一貫性が高くてロトムとかダース、デンチュラがいたら絶対出てくるのと、
高耐久の水ポケが重い。

そして恐ろしいほどにマンダ・武神の選出率が低い。
まあそれだけマークされやすい(と予測される)ポケモンなんだけど。

ただ、こいつらを抜くとPTのバランスとか相手に与える印象がガラッと変わっちゃうんだよね。

勝率は何となくだけど6~7割ぐらい。
岩統一の方が勝率は低いはずなのに(5割以下w)うまく回せてる気がするのはなんでだろう?

やっぱり選出の偏りのせいかなー。

竜舞マンダ育成

ボーマンダ

ボーマンダ@ラム
陽気 H36 A220 S252(175-201-100-117-100-152)
みがわり/竜の舞/げきりん/炎の牙



記念すべき1番目の育成論はボーマンダ!

ボーマンダ 95 135 80 110 80 100

なぜ今更ボーマンダ?と思うかもしれませんが、何しろ自分今まで持っていた対人用600族準伝はもらい物(スカーフマンダ)一匹のみ。笑
ガチ勢の方々とは少し違う視点からの育成論になりますがご了承ください。

一応今回の育成は600族準伝1匹という制限つきの大会を見据えたものになっています。
大会用ポケだから枠ではあまり考察取りたくなかったり。


さて今回の仮想敵は第1にキノガッサ。
ついで電磁波キッスや鬼火もちゴーストなどの、状態異常技から相手を崩していくポケモンたち。
これらのポケモンに対して後出しし、かつ起点にしていくようなポケモンをという方向でやっていきます。

性格は陽気。持ち物はラム確定。

技構成は
みがわり/りゅうのまい/ドラゴン技/炎技
が妥当でしょう。

素早さはオノノクス・サザンドラの存在やみがわりを先手で張ることを意識して最速で。
Sを削るにしてもロズレイドや霊ロトムのいる最速90は抜いておきたいところ。


努力値調整よりも先に技の選択から。
○ドラゴン技
げきりん    120(180) 100  ぶっちゃけこれ一択。舞後は鋼以外には逆鱗打つ+居座り前提の型
ドラゴンダイブ 100(150) 75  命中低すぎ^^;
ドラゴンクロー 80(120) 100  火力足りない^^;

○炎技
大文字  120 85   特殊選ぶなら今回はこっち。火傷1割
火炎放射 95 100   威力は低めだが命中は安定。火傷1割
炎の牙  65 95  舞うなら物理?      火傷1割ひるみ1割

炎技はちょっとダメージ計算しておきたかったので(数値は努力値です)
・C下降補正無振り大文字
HD特化ナットレイ     割合: 64%~77.3%  確定2発
D補正H236D228ハッサム  割合: 86.8%~102.8% 乱数1発 (18.8%)
D無補正H252D116メタグロス 割合: 41.8%~50% 乱数2発 (0.39%)
D無補正H252エアームド   割合: 68.6%~81.3% 確定2発

・A無補正全振り炎の牙[1舞炎の牙]
B無補正H252B4ナットレイ  割合: 68.5%~81.7% 確定2発
             [割合: 99.4%~119.3% 乱数1発 (93.8%)]
B無補正H252B76ナットレイ 割合: 64%~77.3% 確定2発
             [割合: 95%~112.7%  乱数1発 (62.5%)]
B無補正H236B36ハッサム  割合: 91.4%~109.7% 乱数1発 (56.3%)
             [割合: 139.4%~164.5% 確定1発]
B無補正H252B20メタグロス 割合: 32%~38.5%  乱数3発 (94.9%)
             [割合: 48.1%~57.7%  乱数2発 (92.6%)]
HB特化エアームド     割合: 38.3%~45.3% 確定3発
             [割合: 41.8%~50%  乱数2発 (0.39%)]


こうやってみるとエアームド以外に関しては炎の牙が意外なほど優秀。
グロスはさすがに硬いね^^
エアームドには牙では1舞後でもほぼ確3
ゴツメや鉄のトゲも考えると…うーむ。

しかしエアームドがマンダと偶発対峙(先発など)した時は大文字警戒で恐らく逃げる。
舞逆鱗後に出された場合は羽休めで受けられる。
どうせ頑丈で確2以上。
命中率の差。ひるみ1割分の可能性。

などを考えると、1舞後に他の鋼をほぼ確殺できる炎の牙を採用してみようかと思う。
使いにくかったら文字に変えられるしねw


さて、ようやく努力値。
恐らくタイプ相性を生かした後出しが多くなるため細かい耐久調整は不要。

威嚇込でオノノの逆鱗耐えられたりしたらうれしいんだけどH252振っても乱1なので諦め。
ガブオノノカイリューあとドランあたりはPTで補完しましょう^^

よってHP調整だけして残りAに振ります。
HP調整は
16n-1:天候ダメ・ステロ・宿木・鉄の棘等意識
6n-1:ゴツメ意識
などありますが、汎用性的に16n-1で。
努力値的にはHに36振ればOK。
ちなみにこの時、威嚇込で鉢巻ヘラのエッジが確2。

Aは残り220を振るので実値的には201。
252振った時より4低いので牙の威力は上のダメ計よりも少し低く見積もってください。


育成論は以上。
なんか思ってたより単純な振り方に落ち着いてしまったw


実際に使ってみて何かあれば追記します。
粉持たせて身代わりとかも面白そうなんだけどねw

ブログ作成完了!

このブログでは、自分のポケモンの型・考察紹介や生放送の運営補助などを行っていきます!

よろしければコミュニティの方にも足をお運びください!
みっしぇるのポケモン、時々***
sidetitleプロフィールsidetitle

みっしぇる

Author:みっしぇる
ニコ生でのんびり放送してます
co388808
ツイッターはこちら

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。